五顕財神の冥銭こと金箔紙銭の意味や活用方法を解説

先祖崇拝グッズである冥銭の金箔金紙・五顕財神について

金箔金紙・五顕財神:東路財神&西路財神

金箔金紙・五顕財神:北路財神&南路財神

金箔金紙・五顕財神:中路財神

 

ご先祖様を大切にすることは、自分の運気を上げることにもつながります

金箔紙銭とは、神様とご先祖へ捧げるお金=金紙銭の豪華な商品のことです。

中華文化圏の人々は、困ったことがあるとすぐ土地廟(神社)に行き、紙銭を焼いて祈るのですが、これは我々日本人が神社に行ってお賽銭を奉投するのと同じようなものだと考えていただいて結構です。

ただ、日本には道教の土地廟は存在しないので、ご先祖のお墓参りに行った際に、両親や祖父母、また、ご先祖様のことを思って燃やして下さい。ご先祖様を大切にすることは、「七分逆一」と言って、今の自分の運気を上げるのにも、とても大切なことです。

☆活用方法

なおこちらの商品は、商品の画像を見て頂ければ一目瞭然ですが、紙が金色でキラキラしています。

通常の金紙銭と同じように、お墓の前で燃やしていただくのも、もちろん結構ですが、見ていると引き込まれていきますので、玄関や入り口など、人が一番多く通る場所に、お客様の平均的な目の高さに合わせて貼るのもオススメです。

☆七分逆一

七分逆一といって、ご先祖供養すると、その功徳の七つのうち六が供養する者が得ることができ、残りの一つが先祖にいきます。ですから、先祖供養をおろそかにすると亡き霊が果報を受けられないこととなります。

力のない無力なご先祖様は、あなたを助けることができません。食べることも飲むこともできず、力も出ません。逆に助けてあげて、供養するとパワーがつき、逆に助けてくれます。

ご先祖様が与えてくれる幸福・影響というのは偉大で永遠のものなのです。

開運グッズの取り扱い通販サイトと置物の紹介

こちらの商品は、取り扱いを中止いたしております。 「再販の時期は未定」となっておりますので、何卒ご了承くださいませ。

販売を中止しております